フィンランドのウッドメガネフレーム「KRAA KRAA(クラークラー)」から新作登場

2018.11.29 Thursday

0

     

    伝統的な木工技術「曲木(まげき)」を活かしたフィンランドのアイウェアブランド KRAA KRAA(クラークラー)から、新作メガネフレームが登場。

    KRAA KRAA(クラークラー)は、フィンランドのデザイナー兼CEO(最高経営責任者)マティ・ハンニネン氏が2010年に立ち上げたブランド。薄い木材を重ねて圧着することで、軽いのにしなやかで型くずれしにくい状態に仕上げ、フロントとテンプル(つる)が一体化した構造を実現。その独特な構造から生まれるフォルム、木ならではの質感、頭をやさしく包み込むような掛け心地、美しいカラーが他にはない魅力を放っている。

     

    今季の新モデルは4型で存在感あるテンプルが印象的。ユニークなネーミングにも注目だ。

    KRAA KRAA(クラークラー)
    Long Play(左上)、Velo(右上)、Prime Time(左下)、Viewmaster(右下)

    KRAA KRAA(クラークラー)の中でも定番の FIXIE(フィクシー)コレクションには、新らたなカラーオプションとして double scoop(ダブルスクープ)が登場。木目とカラーリングとのコントラストが美しく、木の特性を巧みに活かした KRAA KRAA(クラークラー)ならではの見事な仕上がりだ。

     

    KRAA KRAA(クラークラー)
    FIXIE(フィクシー)
    double scoop
    TAR & VANILLA(左上)、STRAWBERRY & WALNUT(右上)、CRANBERRY & VANILLA(左中)、PISTACHIO & WALNUT(右中)、BLUEBERRY & VANILLA(左下)、PISTACHIO & VANILLA(右下)

    KRAA KRAA(クラークラー)の新作は、東京・原宿のメガネセレクトショップ HAUSKA TAVATA(ハウスカ タバタ)などで発売中。ウッドフレームを探している人や、その独特なフォルムとカラーリングに心惹かれる人は、ぜひチェックしてみては。

     

    KRAA KRAA(クラークラー)のメガネフレームは、優れた職人が集まるフィンランド・タンペレのワークショップで一本一本手作りされている。