フランスの展示会 SILMO 2019

2019.10.18 Friday

0

    SILMOブランド訪問記、今回が3回目、最後になります。

    もしかすると番外編もあるかも??

     

    【iO(イオ)(会社名:Lio Factory)】

    型破りなイタリアのアイウエア iO(イオ)
    ユニークなデザイン
    伝統的なイタリアの技術
    こだわりの加工方法



    iO(Lio Factory)のデザイナーのアドリアーノに会うのは本当に楽しみです。
    iOとはイタリア語で「Me(私)」という意味。メガネに自分らしさを追求するアイウェア
    遊び心を大切にし、人を愛するその心から生まれる個性あふれるiOは2017年にSILMO d'orを受賞し、
    2018年と2019年もいくつかのデザイン賞を獲得しています。

     

    鉄線のワイヤーを巻いてつぶしたイメージの作品は、

    フランスの展示会SILMOにディスプレイされていたグランプリ受賞モデル。


    彼の世界観はメガネだけでなく作品にも。

    <ヴェネト州の山裾にあるiOの工場、そのオフィスにある彼の作品>


    工場は北イタリアの山裾にありその近くに森があります。
    デザイナーでありオーナーのアドリアーノは、メガネに対する情熱やデザインイメージは
    その森の自然の中にいることによって探すことができると言っていました。

    SILMO'Dor(メガネ界のアカデミー賞といわれる)を受賞してから、工場でメガネを製造することだけ
    から抜け出すことが出来たと語ってくれました。

     

     

    自分のブランドの特徴は?と聞くと

    自分自身でなにを選ぶかを考えさせる為のブランド、自分のニッチを見つけること!

    彼のメガネのチョイスは純粋に自分に問いかけなければならない意識のプロセスが必要なのです。

     

     

    デザイナーでありオーナーのアドレアーのさんと新作の話。

    イタリア語は理解できないけど伝えようとする内容はわかります。

     

     

    こちらのリンクで動画もご覧いただけます。
    https://www.youtube.com/watch?v=-oEflvEyKjo

     

    一旦SILMOシリーズは終了となります。

    冒頭でお伝えの通り、番外編があることをぜひご期待ください!

     

     

    HAUSKA TAVATAホームページ:http://www.hauskatavata.com

    フランスの展示会 SILMO 2019

    2019.10.11 Friday

    0

      【RES/REI(レス/レイ)】


      『Handmade in Italy with Love』そんなコンセプトで作られている
      RES/REI(レスレイ)のアイウェアは9月30日まで行われたフランスの展示会SILMOでも沢山のお客様に注目されてます。

      高い加工技術、オリジナル素材からの開発、洗練されたデザインと色丹精に磨き上げられた鮮やかな光彩、

      発色豊かなマツケリ社と共同制作のオリジナルアセテート生地、どこまでも丁寧に作られたアイウェアからは豊かな感性が伝わって

      きます。

       

      そんな展示会の様子をお知らせします。
      4日間の開催期間で特に土曜日と日曜日は多くのお客様への対応でスタッフはランチも

      取れないくらい忙しけどいつも明るくお客様とコミュニケーション。

       

       

      デザイナーのオリビエロさんにRES/REIチームはどんなチーム?と聞いたら
      ”SUPER HAPPY ! !😊”と答えが返ってきた。
       

       

      しっかり者で明るいスタッフのIlariaさん

       

      ノッポで優しいUmbertさん

       

      今期のオリビエロのお勧めは?と聞いたら、

      コンビネーションとアセテートの厚みの変化によるグラディエーションを持つ、

      アセテートシリーズとのこと。

      カラーは3色の組み合わせもあります。

       

       

      4日目の最終日の午後になると、やっと一息つけます。
      ”プロセッコ”を飲みながらの素敵な雰囲気で商談が進みます。

      おしゃれなお客さんが注目するRES/REIです。


       

      デザイナーのオリビエロさんと商品の話も

       

       

      次回3回目はIOのブース訪問です。

      お楽しみに!

       

      RES/REIホームページ:https://www.resrei.com

      HAUSKA TAVATAホームページ:http://www.hauskatavata.com

      フランスの展示会 SILMO 2019

      2019.10.06 Sunday

      0

        今年もフランスの展示会SILMOが開催され、丸山が訪問してきました。

        数回に分けてその模様をご紹介します。

         

        【BRUNO CHAUSSIGNAND(ブルーノ・ショシニョン)】

         

        フランスの展示会SILMOでBRUNO CHAUSSIGNANDのブースに訪問、

        昨年のSILMOの後に彼の店舗「O Mil'Yeux」がある南フランス、モンペリエでお会いして1年ぶりの再会です。

         

        BRUNOチームの皆さんです。

         

         

        クリーンなラインと絶妙なディティールのフレームは、フランスの眼鏡の産地、ジュラ地方で製作されています。

        メタルフレームはジュラ地方のモレ(Morez)にて、アセテートフレームはオヨナ(Oyonnax)の地域にて生産。
        実用的でありながら美しく味のあるデザイン、高級感のある仕上げ、服に合わせやすい色と形はとても人気です。

         

        今回のブースではなんとフランス発祥の球技であるペンタンクのコートをブース前にセット!

        新作の話をしながら皆さんと楽しく過ごすことができました。

         

         

        デザイナーのBRUNOさんと真面目に商品の話を・・・

         

        次回はRES/REIのブース訪問についてです。

        お楽しみに!

         

         

        BRUNO CHAUSSIGNANDホームページ:https://www.brunochaussignand.com

        HAUSKA TAVATAホームページ:http://www.hauskatavata.com

         

         

         

         

         

        レンズの交換目安について

        2019.09.29 Sunday

        0

          こんにちは、店長の宮尾です。

          ずいぶん日が落ちるのも早くなったと思っていたら、秋分の日も過ぎていました。

          秋から冬に向かうこの季節、何か寂しくも感じます。

           

          今日はメガネ店らしいメガネのレンズのお話です。

          こうなったらレンズ交換の目安です、という実例です。

          こうなったら、ということではなく、こうならないように気をつけていただくのも大事です。

          どの例も見え方に支障をきたす場合が多く、視力低下の原因にもなりかねません。

          大事に使うとともに、こうなってしまったらレンズ交換を考えてください。

           

           

          こちらはスリ傷です。

          日々の生活でよく起こることです。

          表面の荒いものでメガネを拭き続けたり、埃がついたままメガネを拭くことでこのような状況になります。

          すぐになる、と言うことはあまりなく、日々の積み重ねがこの傷を生み出してしまいます。

          メガネを拭く前にまず水洗いをする、メガネ拭きを使う、などで軽減できます。

           

           

          クラック(主に熱による変質)

          プラスチックレンズは熱に弱い、と言いますが、このような変質を起こしてしまうためです。

          急激な温度変化により、表面のコーティングが伸び縮みを繰り返すことで発生します。

          意外と眼に映り込み、鬱陶しく感じます。

           

           

          水やけ

          水に濡れたまま放置するとこのようにコーティングに異常をきたします。

          濡れたら、拭きましょう。

           

           

          薬品類

          整髪料などの薬品が付着した状態を長く放置すると、このようにコーティングが変質してしまいます。

          薬品類による汚れの付着は、ご家庭では落とすのは難しいかもしれません。

          付着しないように気をつけるとともに、付いてしまったらメガネ店に相談しましょう。

          秋の展示会について

          2019.09.22 Sunday

          0

            みなさまこんにちは、店長の宮尾です。

             

            本日は毎年恒例、秋の展示会のお知らせです。

             

            弊社は海外ブランドの日本国内代理店を務めております。

            日本国内に新しいブランドを浸透させる重要な責務を背負って日々活動しているのです!

             

            そんな海外ブランドの新作を日本国内でお披露目するのがこの10月の展示会シーズンです。

            現在、ハウスカタバタには続々と秋の新作が到着している最中です。

            どうぞお披露目を楽しみになさっていてください。

             

            会場にはいつも通り私がおります。

            お取り引き様のご来場、心よりお待ちしております!

             

            この展示会はメガネ小売店様向けの展示会となっておりますので、

            一般のお客様はご入場いただけませんのでご注意ください。

             

             

            東京会場

            【SITE2019】
            日時:10月8日(火)- 10月10日(木)
            時間:9:30 - PM6:00(最終日はPM5:00まで)
            会場:渋谷ヒカリエ全ホール

             

             

            大阪会場

            【IMPRESSION2019AW】
            日時:10月16日(水)10:00 - 20:00
               10月17日(木)10:00 - 18:00
            会場:パインブルックリン - PINEBREOOKLYN -2F
            〒553-0003
            大阪市福島区福島1丁目2-35

            メガネのお手入れについて

            2019.09.14 Saturday

            3

            こんにちは、店長の宮尾です。

            最近は涼しくて過ごしやすい気温になりましたね。

            気がつけばすっかり9月中旬、中秋の名月です。

            残念ですが今日の東京の天候では綺麗なお月様、とはいかないようですね。

             

            この季節はメガネのクリーニングをお勧めしています。

            暑い季節を乗り越え、メガネも疲れています。

            夏の汗汚れをしっかり落として、メガネを長持ちさせましょう。

             

            メガネ店では超音波洗浄機やメガネクリーナーを使用して隅々までクリーニングをしております。

            種類によって超音波洗浄ができないフレームもありますので、まずは店頭でご相談いただくのが良いです。

             

            お洋服をクリーニングに出すように、プロの手でメガネのクリーニングを体験してみましょう。

             

            秋のお出かけの際は、メガネ店にも立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

             

             

             

             

            BRUNO CHAUSSIGNAND(ブルーノ・ショシニョン)

            2019.07.26 Friday

            0

              【BRUNO CHAUSSIGNAND(ブルーノ・ショシニョン)】
              フランスの伝統技術を取り入れた洗練られた眼鏡BRUNO CHAUSSIGNAND(ブルーノ・ショシニョン)
              実用的でありながら美しく味のあるデザイン
              高級感のある仕上げ
              服に合わせやすい色と形

              デザイナー、ブルーノ・ショシニョンにより手掛けられるクリーンなラインと絶妙なディティールのフレームは、フランスの眼鏡の産地、ジュラ地方で製作されています。メタルフレームはジュラ地方のモレ(Morez)にて、アセテートフレームはオヨナ(Oyonnax)の地域にて生産。ブルーノ・ショシニョンはジュラ地方で眼鏡の歴史と技術を学びました。
              現在は南フランス、モンペリエにて店舗「O Mil'Yeux」を構えながら納得のいくデザインを製作しています。
              ブランドは2004年設立。

              KRAA KRAA(クラークラー)

              2019.07.23 Tuesday

              0


                元家具職人がつくる眼鏡KRAA KRAA(クラークラー)
                フィンランドの曲木の木工技術
                木の質感と美しいカラー
                軽量フレーム

                KRAA KRAA(クラークラー)はフィンランド発のアイウェアブランドです。優れた職人が集うフィンランド、タンペレのワークショップで製作を行っています。
                薄い木材の多重圧着構造により柔軟性、剛性が備わった新しい発想のアイウェアです。デザイナー、マティ・ハンニネンのセンスと「木」への想いが一本一本手づくりのアイウェアへ込められています。

                iO(イオ)

                2019.07.19 Friday

                0


                  自分らしさを表現する眼鏡 iO(イオ)
                  ユニークなデザイン
                  伝統的なイタリアの技術
                  こだわりの加工方法
                  iO(イオ)のコンセプトは「Freedom to Express」(表現の自由を)。イタリア、ベネート生まれのデザイナー、アドリアーノ・リオが多彩なコンセプトに基づきあなたをiOの世界へ連れ出します。
                  「iO」とはイタリア語で私という意味。自分らしさを追求するアイウェアです。

                  RES/REI(レスレイ)

                  2019.07.19 Friday

                  0


                    イタリアの職人がつくるハンドメイド眼鏡RES/REI(レスレイ)
                    高い加工技術
                    オリジナル素材からの開発
                    洗練されたデザインと色

                    『Handmade in Italy with Love』そんなコンセプトで作られているRES/REI(レスレイ)のアイウェアは、標高1450mにあるイタリアの工房で12名の職人により日々ひとつずつ生まれています。
                    丹精に磨き上げられた鮮やかな光彩、発色豊かなマツケリ社と共同制作のオリジナルアセテート生地、どこまでも丁寧に作られたアイウェアからは豊かな感性が伝わります。