北欧のモノづくりのもの展 開催中!

2019.11.22 Friday

0

    いつもご覧いただきありがとうございます。

    店長の宮尾でございます。

     

    Facebookなどで告知のとおり、昨日より当店にて、

    「北欧のモノづくりのもの展」を開催しております。

     

    木製の眼鏡 KRAA KRAA(クラークラー)と、

    普段は取り扱いのない北欧雑貨を期間限定で販売いたします。
    ぜひ、この機会にご来店下さい。

     

    11月末からは美味しいお菓子も販売予定です。

    毎日おやつに購入しようかと思うくらい美味しいお菓子です。

    こちらもお楽しみに!

    日時:11月21日(木)〜12月25日(水)(不定休
    時間:11:00AM - 7:00PM
    場所:HAUSKA TAVATA(ハウスカ タバタ)
     

     

    本日はおまけとして、実際にあった怖い話。

     

    先日、帰宅してから着替えをしていましたら、急にメガネが大きくずり落ちました。

    メガネを見てみると、鼻パッドがありません。

     

    鼻パッドを止めるネジが取れていました・・・

     

    鼻パッドは床に落ちていましたが、ネジは見つからず。

    鼻パッドも自分で交換したものだったので、誰にも怒りを向けることができず。

     

    商売柄、メガネはたくさん自宅にあるので私は困りませんでしたが、

    一般のお客様だと予備をお持ちでない方もいらっしゃるでしょうから困りますよね。

     

    毎日クリーニングしているメガネでしたが、ネジまではチェックしていませんでした。

    プロではありますが、定期的なメンテナンスの重要性を再認識することになりました・・・

     

    皆様にも、定期的なメンテナンスをお勧めします。

    三ヶ月に一度、長くても半年に一度はチェックすべきです。

    この記事を読まれましたら早速メガネ店にてメンテナンスをしてもらいましょう!

     

    その前に、着替える際はメガネを外しましょう、と言うことも大前提ですが( ̄▽ ̄;)

     

    皆様も横着はいけません。

    メガネの取り扱い方を再度見直してはいかがですか?

     

    プロの私でも、こんなことが起きるのですから・・・

     

    イベントと合わせて、是非お出かけくださいね!

    フランスの展示会 SILMO 2019  番外: 一人歩きのパリ

    2019.11.15 Friday

    0

       

      フランスの展示会SILMOの番外編をお届けします。

      展示会前の2日間をパリ市内で過ごすことができました。

       

      パリの街を歩いていると建物の壁に沢山の落書きがあります。

      その中にはグラフィックアートのような素敵な作品に出会います。

      そして、今年のメガネの展示会はFashion Week期間と重なり、

      モデルさんがイベントの会場に向かう姿に出会うことも一つの楽しみでした。

       

       

      ▽イベント会場で行われていた撮影の様子


      ▽Fashion weekのイベント会場となったPalais de Tokyo

       

      ▽会場の入り口近くではモデルが取材陣の呼びかけで撮影に応じてポーズ。

       

       

      ▽ファッションには男らしく見せるファッション、女らしく見せるファッションがります。
      私は性差を超えたファッションが好き♥ カジュアルで無理なく生きている感じがいいのです。

      △それにしてもタバコが似合う!! 
      昔、フランス映画でタバコを格好良く吸うシーンを見てあこがれた!! 
      ジタンのタバコ知ってます? ジョンレノン、デビットボウイも愛していたとか?

       

       

       

      ▽ランチタイム (*^o^*)です!!

      △カフェでのランチはベジタリアンラザニア、野菜とチーズの香りが食欲をそそります。

       

      ▽さて話はランチから路上のグラフィックアートへ

      謎の路上の芸術家バンクシーのはニューヨークの地下鉄で、

      通称サブウェイドローイングというグラフィティ・アートで注目されました。

      パリの建物の壁にも落書き以上のグラフィックアートがあって楽しめます。

      MAISON EUROPEENNE DE LA PHOTOGRAPHIE
      写真美術館(マレ地区)の近くにある建物にある作品

       

       

       


       

       

      ▽アーティステックな通り沿いの庭園、壁、植栽、建物

       

      ▽色ガラスが綺麗な建物と対象的な煙突との構図が良かったので撮影

       

       

       

      ▽最後に美しいエッフェル周辺をモノクロで。

       

      セーヌ川の観光船に荷物を入れるヤード

       

      メガネの展示会の番外編もこれで終了です。

       

      展示会の4日間もとても忙しかったけれど、充実した時間をお会いした皆さんから頂くことができました。

      これからもインディペンデントなブランドの良さをBLOGで発信していきます。

       

      丸山

       

       

      HAUSKA TAVATA HP

      http://www.hauskatavata.com

       

       

       

       

       



       

      カラーレンズ カラー別の効果について

      2019.11.08 Friday

      0

        店長の宮尾です。

        本日は前回ブログにてお伝えした通り、

        カラー別のイメージや、カラーの持つ効果についてのお話です。

         

        まずはざっくりとカラー別の効果をご覧いただきましょう。
         

        ブラウン系

        コントラスト効果を高めるブラウン系は幅広い用途で使用できます。

        ドライブからゴルフまで幅広く活用できるカラーです。

        コントラスト効果が高くなると、立体感のある見え方になります。

         

        グレー系

        グレーは単純に眩しさを落としたいときに使用するのが良いと言えます。

        つまり、より自然な見え方を希望される場合はグレー系がおすすめ。

         

        ブルー系

        黄色光を抑え、強い日差しや夜間の対向車のヘッドライトの眩しさを抑える効果があります。

        空が綺麗に見えて気持ちが良いとお勧めしています。

         

        グリーン系

        赤青系の光を抑えるので、目が疲れにくく、自然な見え方が得られます。

        リラックス効果も高く、目の森林浴と呼んでいます。

        自然と触れ合う活動が多い方はぜひ。緑がとても美しく見えます。

         

        イエロー、オレンジ系

        悪天候時の光が足りない場面で活躍します。

        私は曇天、荒天のスノーボード、スキーの際、イエロー、オレンジ系を使用します。

        視界が明るくなり、コントラスト効果もあるのでギャップも見やすくなります。

         

        ピンク、レッド系

        光を抑える効果が高いわけではないので、ファッションよりです。

        お顔にのせたときに、顔色が良く見える効果があります。

        視界が暗い時のスポーツで使用することもあります。

         

        こうしてご覧いただくと、カラーレンズと言ってもそれぞれ効果が違うことがわかります。

        効果が違うということは、使い方、使う場所が違うということです。

        皆様の生活スタイルや気になる光に合わせて、カラーレンズをご利用ください。

         

        さらに、カラーレンズだけでなく偏光レンズ、調光レンズ、ブルーライトカットレンズなど、

        色々な機能を持ったレンズもあります。

        まずはメガネ店に気軽に相談しましょう。

        お客様一人一人のご希望、生活スタイルをお伺いしながら最適な提案をいたします。

         

        今後、カラー別の効果や上記の機能レンズについて、より詳しく取り上げる記事も作成していきます。

        今後にご期待ください。

         

        紫外線対策と眩しさ対策

        2019.11.01 Friday

        0

          こんにちは、店長の宮尾です。

          早いもので今日から11月、寒さを感じるくらいの季節になりました。

           

          秋から冬へと向かっていますので、日は短くなりましたが厳しい西日を正面から受ける季節でもあります。

           

          サングラスは夏場、と言うイメージがあるかもしれませんが、この時期も要注意。

          上記のように西日など直接眼に入ってしまうことが多いのです。

           

          紫外線対策、眩しさ対策は1年中必要です!

           

          基本的にメガネ店で取り扱っているプラスチックレンズはUVカットはほぼ標準装備となっています。

          98%〜99%カット、という謳い文句になっています。

           

          よく誤解されがちなのですが、これは無色透明のレンズでも同じことです。

          紫外線対策にはカラーのあるなしはあまり関係ないと言うことですね。

           

          しかし、眩しさ対策となると、一気にカラーが主役に躍り出ます。

          紫外線とは別の「光量」を落とすためにカラーレンズが活躍します。

           

          紫外線対策と眩しさ対策を上手に組み合わせて、快適な秋の行楽シーズンをお楽しみください!

           

          カラー別のポイントについてはまた後日ブログにてご紹介しますので、お楽しみに。

           

           

          今日の1本

          RES/REI  

          MOSCOW MULE

           

          フランスの展示会 SILMO 2019

          2019.10.25 Friday

          0

            フランスの展示会のSILMOは毎年行われる、光学と眼鏡の業界(眼鏡技師、検眼士、眼科医、製造業者、物販関係)の方の為の展示会です。

            SILMOは出展社数が975社というインターナショナルな展示会です。今年は50周年とか?

            私はパリのCDG空港の近くの小さな町にあるホテルからバスで会場に通いました。

             

            △いいな!フランスの田舎風景....雨上がりで少し冷たい風が吹いていました。

             

            △Nord Villepinteにあるエクスビジョンセンターです。出展975社 フランス以外の企業が70%

             

            △会場エントランスから降りた所。

             

            △フランスの検眼機などを制作する医療機器メーカーのブース。 

             

            △ドライ・アイとマイボーム腺機能不全( MGD )の検査機でお客さんが体験テスト中です。

             

            △VRバーチャルリアリティ3Dゴーグルではなくて、これをかけると本の文字が拡大されます。

            それだけでなく、数カ国語に翻訳され読むことができる装置、視力の劣った方だけでなくても利用できる?

             

            △高級カメラで有名なLeica ブース

            ライカはレンズ部門でSILMO D'orを受賞

             

            △ライカのVariovid Volterraレンズは光学収差を50%〜65%削減できる技術でSILMO D'orを受賞!

             

            ▽メガネのデザーナーエリア :Coco Song   (HAUSKA TAVATAでも扱っているブランドも訪問しました)

            △本物の花や鳥の羽、絹などをメガネフレームに挟み込んだ、

            ラグジュアリーなCoco Songのフレームはお店にあります。

            是非ご覧になってください!

             

            △水牛の角(horn)を素材として使った CERF BOISのブース

            (🇫🇷ブランド made in 🇩🇪です)このブランドもハウスカタバタで取扱っています。

             

             

            忙しい展示会の最終日の午後はリラックスムード!私も乾杯!!

             

            △ドリンク店ではありません。ブランドブースです。

             

            ▽充実した4日間を終えました。いつも帰るのは暗くなってから。

            素敵なパブとレストランをホテルの近くで発見!

            △パブは近所の常連と会話がはずむ。

             

            翌日のフライトで帰国、最後のディナーはお疲れ様のステーキ!

            もちろんビールは"Leffe"です。

            (1152年に設立されたレフ修道院は、13世紀にはビールの醸造を始めていたとか...?!)

            △霜降りのではないので少しかたいけど健康的

             

            最後の仕上げは自家製ミルクプディング

            素朴な美味しさ、満足の晩餐でした。

             

            次回はメガネや展示会と関係なくパリの様子を自分なりにBLOGにしようと思います。

            お楽しみに!

             

            HAUSKA TAVATA HP

            http://www.hauskatavata.com

             

             

             

            フランスの展示会 SILMO 2019

            2019.10.18 Friday

            0

              SILMOブランド訪問記、今回が3回目、最後になります。

              もしかすると番外編もあるかも??

               

              【iO(イオ)(会社名:Lio Factory)】

              型破りなイタリアのアイウエア iO(イオ)
              ユニークなデザイン
              伝統的なイタリアの技術
              こだわりの加工方法



              iO(Lio Factory)のデザイナーのアドリアーノに会うのは本当に楽しみです。
              iOとはイタリア語で「Me(私)」という意味。メガネに自分らしさを追求するアイウェア
              遊び心を大切にし、人を愛するその心から生まれる個性あふれるiOは2017年にSILMO d'orを受賞し、
              2018年と2019年もいくつかのデザイン賞を獲得しています。

               

              鉄線のワイヤーを巻いてつぶしたイメージの作品は、

              フランスの展示会SILMOにディスプレイされていたグランプリ受賞モデル。


              彼の世界観はメガネだけでなく作品にも。

              <ヴェネト州の山裾にあるiOの工場、そのオフィスにある彼の作品>


              工場は北イタリアの山裾にありその近くに森があります。
              デザイナーでありオーナーのアドリアーノは、メガネに対する情熱やデザインイメージは
              その森の自然の中にいることによって探すことができると言っていました。

              SILMO'Dor(メガネ界のアカデミー賞といわれる)を受賞してから、工場でメガネを製造することだけ
              から抜け出すことが出来たと語ってくれました。

               

               

              自分のブランドの特徴は?と聞くと

              自分自身でなにを選ぶかを考えさせる為のブランド、自分のニッチを見つけること!

              彼のメガネのチョイスは純粋に自分に問いかけなければならない意識のプロセスが必要なのです。

               

               

              デザイナーでありオーナーのアドレアーのさんと新作の話。

              イタリア語は理解できないけど伝えようとする内容はわかります。

               

               

              こちらのリンクで動画もご覧いただけます。
              https://www.youtube.com/watch?v=-oEflvEyKjo

               

              一旦SILMOシリーズは終了となります。

              冒頭でお伝えの通り、番外編があることをぜひご期待ください!

               

               

              HAUSKA TAVATAホームページ:http://www.hauskatavata.com

              フランスの展示会 SILMO 2019

              2019.10.11 Friday

              0

                【RES/REI(レス/レイ)】


                『Handmade in Italy with Love』そんなコンセプトで作られている
                RES/REI(レスレイ)のアイウェアは9月30日まで行われたフランスの展示会SILMOでも沢山のお客様に注目されてます。

                高い加工技術、オリジナル素材からの開発、洗練されたデザインと色丹精に磨き上げられた鮮やかな光彩、

                発色豊かなマツケリ社と共同制作のオリジナルアセテート生地、どこまでも丁寧に作られたアイウェアからは豊かな感性が伝わって

                きます。

                 

                そんな展示会の様子をお知らせします。
                4日間の開催期間で特に土曜日と日曜日は多くのお客様への対応でスタッフはランチも

                取れないくらい忙しけどいつも明るくお客様とコミュニケーション。

                 

                 

                デザイナーのオリビエロさんにRES/REIチームはどんなチーム?と聞いたら
                ”SUPER HAPPY ! !😊”と答えが返ってきた。
                 

                 

                しっかり者で明るいスタッフのIlariaさん

                 

                ノッポで優しいUmbertさん

                 

                今期のオリビエロのお勧めは?と聞いたら、

                コンビネーションとアセテートの厚みの変化によるグラディエーションを持つ、

                アセテートシリーズとのこと。

                カラーは3色の組み合わせもあります。

                 

                 

                4日目の最終日の午後になると、やっと一息つけます。
                ”プロセッコ”を飲みながらの素敵な雰囲気で商談が進みます。

                おしゃれなお客さんが注目するRES/REIです。


                 

                デザイナーのオリビエロさんと商品の話も

                 

                 

                次回3回目はIOのブース訪問です。

                お楽しみに!

                 

                RES/REIホームページ:https://www.resrei.com

                HAUSKA TAVATAホームページ:http://www.hauskatavata.com

                フランスの展示会 SILMO 2019

                2019.10.06 Sunday

                0

                  今年もフランスの展示会SILMOが開催され、丸山が訪問してきました。

                  数回に分けてその模様をご紹介します。

                   

                  【BRUNO CHAUSSIGNAND(ブルーノ・ショシニョン)】

                   

                  フランスの展示会SILMOでBRUNO CHAUSSIGNANDのブースに訪問、

                  昨年のSILMOの後に彼の店舗「O Mil'Yeux」がある南フランス、モンペリエでお会いして1年ぶりの再会です。

                   

                  BRUNOチームの皆さんです。

                   

                   

                  クリーンなラインと絶妙なディティールのフレームは、フランスの眼鏡の産地、ジュラ地方で製作されています。

                  メタルフレームはジュラ地方のモレ(Morez)にて、アセテートフレームはオヨナ(Oyonnax)の地域にて生産。
                  実用的でありながら美しく味のあるデザイン、高級感のある仕上げ、服に合わせやすい色と形はとても人気です。

                   

                  今回のブースではなんとフランス発祥の球技であるペンタンクのコートをブース前にセット!

                  新作の話をしながら皆さんと楽しく過ごすことができました。

                   

                   

                  デザイナーのBRUNOさんと真面目に商品の話を・・・

                   

                  次回はRES/REIのブース訪問についてです。

                  お楽しみに!

                   

                   

                  BRUNO CHAUSSIGNANDホームページ:https://www.brunochaussignand.com

                  HAUSKA TAVATAホームページ:http://www.hauskatavata.com

                   

                   

                   

                   

                   

                  レンズの交換目安について

                  2019.09.29 Sunday

                  0

                    こんにちは、店長の宮尾です。

                    ずいぶん日が落ちるのも早くなったと思っていたら、秋分の日も過ぎていました。

                    秋から冬に向かうこの季節、何か寂しくも感じます。

                     

                    今日はメガネ店らしいメガネのレンズのお話です。

                    こうなったらレンズ交換の目安です、という実例です。

                    こうなったら、ということではなく、こうならないように気をつけていただくのも大事です。

                    どの例も見え方に支障をきたす場合が多く、視力低下の原因にもなりかねません。

                    大事に使うとともに、こうなってしまったらレンズ交換を考えてください。

                     

                     

                    こちらはスリ傷です。

                    日々の生活でよく起こることです。

                    表面の荒いものでメガネを拭き続けたり、埃がついたままメガネを拭くことでこのような状況になります。

                    すぐになる、と言うことはあまりなく、日々の積み重ねがこの傷を生み出してしまいます。

                    メガネを拭く前にまず水洗いをする、メガネ拭きを使う、などで軽減できます。

                     

                     

                    クラック(主に熱による変質)

                    プラスチックレンズは熱に弱い、と言いますが、このような変質を起こしてしまうためです。

                    急激な温度変化により、表面のコーティングが伸び縮みを繰り返すことで発生します。

                    意外と眼に映り込み、鬱陶しく感じます。

                     

                     

                    水やけ

                    水に濡れたまま放置するとこのようにコーティングに異常をきたします。

                    濡れたら、拭きましょう。

                     

                     

                    薬品類

                    整髪料などの薬品が付着した状態を長く放置すると、このようにコーティングが変質してしまいます。

                    薬品類による汚れの付着は、ご家庭では落とすのは難しいかもしれません。

                    付着しないように気をつけるとともに、付いてしまったらメガネ店に相談しましょう。

                    秋の展示会について

                    2019.09.22 Sunday

                    0

                      みなさまこんにちは、店長の宮尾です。

                       

                      本日は毎年恒例、秋の展示会のお知らせです。

                       

                      弊社は海外ブランドの日本国内代理店を務めております。

                      日本国内に新しいブランドを浸透させる重要な責務を背負って日々活動しているのです!

                       

                      そんな海外ブランドの新作を日本国内でお披露目するのがこの10月の展示会シーズンです。

                      現在、ハウスカタバタには続々と秋の新作が到着している最中です。

                      どうぞお披露目を楽しみになさっていてください。

                       

                      会場にはいつも通り私がおります。

                      お取り引き様のご来場、心よりお待ちしております!

                       

                      この展示会はメガネ小売店様向けの展示会となっておりますので、

                      一般のお客様はご入場いただけませんのでご注意ください。

                       

                       

                      東京会場

                      【SITE2019】
                      日時:10月8日(火)- 10月10日(木)
                      時間:9:30 - PM6:00(最終日はPM5:00まで)
                      会場:渋谷ヒカリエ全ホール

                       

                       

                      大阪会場

                      【IMPRESSION2019AW】
                      日時:10月16日(水)10:00 - 20:00
                         10月17日(木)10:00 - 18:00
                      会場:パインブルックリン - PINEBREOOKLYN -2F
                      〒553-0003
                      大阪市福島区福島1丁目2-35