カラーレンズについて ブルー系のお話

2020.02.15 Saturday

0

    いつもご覧いただきありがとうございます。

    店長の宮尾です。

    コロナウイルスで心配な話題が続く最近です。

    正しい情報を把握して、予防に努めたいものです。

     

    本日はカラーレンズの効果、ブルー系のお話です。

    個人的には大好きなレンズカラーで、よくお勧めしています。

     

    その効果ですが、真面目な内容でお話しすると、黄色の光を抑える効果があり、

    強い日差しや夜間の対向車のヘッドライトのまぶしさを軽減します。
    見た目の印象もクールで涼しげな印象があります。

     

    私のお勧めの仕方はというと、「空がキレイに見えて気持ちが良い!」です。

    晴天の青空がさらに濃いブルーに変わります。

    東京の空だって、リゾート気分の青空に!(笑)

    これは本当に一度見ていただきたいです。どれだけ気持ちが良くなることか。

     

    それを本当のリゾート地で試すとさらに効果倍増!

    沖縄に旅行に行った際、ブルー系のサングラスを持って行きましたが海と空の美しさが際立ってウキウキしました。

    気分が良くなるということは、精神的な癒し効果もある、と個人的に思っています。

    これはグリーン系のレンズにも言えることです。

    後日ご紹介しますね。

     

    カラーレンズのサンプルはお店にありますので、是非一度手に取ってお確かめください。

    晴天の日にいらしていただくと、よりわかりやすいでしょう。

     

    RES/REIとBRUNO CHAUSSIGNANDからブルー系のレンズを使用したサングラスを探してみました。

    やはりサングラスというと、ブラウンやグレー系が多く、なかなかレアなカラーの印象です。

    濃度としてはあまり濃いものは見受けられず、やや薄めのカラーが目立ちました。

    このくらいの濃度でも、まぶしさ軽減効果や空がきれいに見える効果は十分に得られると思います。

     

    是非今年はこのブルー系のレンズ、お試しになってはいかがでしょうか?

     

    ご相談お待ちしております。

     

    コメント
    コメントする