レンズのご紹介 機能レンズ編

2020.01.24 Friday

0

    いつもご覧いただきありがとうございます。

    店長の宮尾です。

     

    冬真っ盛りですが、記録的な暖冬とのこと。

    地球はこのまま暖かい星になるのでしょうか?

     

    どんどん日差しがキツくなるような気がしてしまいますね。

    そんな本日は特殊な機能を持ったレンズをざっくりとご紹介します。

     

    調光レンズ

    紫外線の量に反応して色の濃さが変化するレンズです。

    屋内ではクリア、屋外ではサングラスという1本で使い分けが可能です。

    UVカットガラスを使用している車内では濃度変化はおきません。

    気温が低いほど発色効果が高いのも特徴です。

    「変光」と間違って認識されている方も多いレンズです。

    下記の「偏光」なのか「変光」なのか店頭でお客様と禅問答みたいになることがあります(笑)

     

     

    偏光レンズ

    乱反射により発生した光のノイズをカットして、不快なギラつきを抑えます。

    釣りやドライブなどに使用される方が多いですね。

    私も以前、旅行先の伊豆城ヶ崎海岸で使用したことがありますが、

    海面の下の岩場が鮮明に見えるのを実感できました。

    普通に使っている分には意識しませんが、水面ではとても効果が高いと感じます。

    また、雪山でも効果を実感します。乱反射といえば雪面のギラつきですからね。

    使用してレポートします!

     

     

    ミラーレンズ

    ファッション性が高いイメージですが、言葉の通り光を反射するので、光量を抑える効果もあります。

    ただし、裏面への映り込みがを強く感じることがあるので、使用上注意が必要です。

    ブルーミラーが大好きな私としては、とても好きなレンズです。

    クールでカッコいい!そんな感じです(笑)

     

     

    ネッツペックコート

    眼精疲労予防を目的とした特殊コーティングレンズです。

    レンズ裏面に半透明の六角形状の特殊金属を網目状にコーティングしています。

    これにより、光の透過を抑え、減光効果を得ることができます。

    つまり、光の直接的な照射を回避できるため、明るさを損なうことなく、眼への負担を軽減させるレンズなのです。

    ブルーライトカットレンズとは異なるアプローチのPCレンズとしても使用できます。

    眩しさから目の負担を軽減させる効果があるNPレンズはスマホなどの利用にも効果的です。

    また、ピンホール効果による調節力の補助とコントラスト向上効果が期待できます。

     

     

    このようにレンズ、コーティングの種類は多様に存在します。

    中には偏光調光レンズのように、組み合わせができるレンズもあります。

    専門的な話は是非メガネ屋さんに相談ください。

     

    快適なメガネ生活をご提案します!

    コメント
    コメントする